loading

  1. トップ
  2. 製品一覧・検索
  3. 軍艦モデル
  4. 1/700 特シリーズ
  5. 1/700 特42 日本海軍航空母艦 雲龍

1/700 特42 日本海軍航空母艦 雲龍

前のページへもどる

1/700 特42 日本海軍航空母艦 雲龍

¥3,672(税込)

code:4968728432212

戦時下の量産中型空母「雲龍型1番艦 雲龍」ネームシップが一部製品改良されて登場です! これまでの製品のウィークポイントであった飛行甲板を新規設計・新金型を起用し精密感アップ!

こちらは予約商品です。
商品の発送は下記予定日以降となります。
発送予定日:2018年11月14日

戦時下の量産中型空母「雲龍型1番艦 雲龍」ネームシップが一部製品改良されて登場です!
これまでの製品のウィークポイントであった飛行甲板を新規設計・新金型を起用し精密感アップ!

雲龍は、雲龍型1番艦として横須賀海軍工廠で昭和19年8月に竣工しました。
昭和16年の戦時建造計画による302号艦として計画され、ミッドウェー海戦後の空母喪失を補うため建造を急ぎ、空母飛龍の設計をベースして艦橋の右舷移動、空母蒼龍と同じ2枚舵方式、エレベーターは3基から2基へと減じられ一部を改正しつつ進められました。

雲龍は竣工時から外舷2号色/外舷22号色の対潜迷彩を施され、戦時色の濃い姿で記録写真に姿を残しています。
竣工当時、マリアナ沖海戦で母艦搭載航空戦力の大半を喪失していた時期であり、搭載定数を満たすだけの艦載機は用意できず専ら内海での訓練・待機が続きました。

昭和19年12月には比島方面への物資緊急輸送で出航、その中には特攻機桜花も積載されています。
輸送作戦の途上、東シナ海で米潜水艦の雷撃を受け僅か4カ月の短い生涯を閉じ沈没しました。

特シリーズは1/700スケール、喫水線上を再現した洋上モデルです。
詳細な部品分割と繊細な彫刻表現により優れたディテール再現性を持つ艦船模型です。

□これまで形状再現性が不足していた飛行甲板は、新規設計・新規金型による現在水準の再現度で製品化しました。
・飛行甲板は単調になりがちなラテックス塗りながら、飛行機係止用眼環、着艦制動索、エキスパンション・ジョイントなど彫刻表現を多彩に、情報量豊富な設計としました。
・飛行甲板上にある陰顕式21号電探および2基の隠顕式探照灯は格納状態と展開状態が選択可能。
□製作できる年次が2種から選択可能。
・のちに増設された機銃座や墳進砲とスポンソンが別パーツ化されており、竣工時と最終時の2形態が再現可能。
□飛行甲板に迷彩塗装されていた姿を手軽に再現できるよう迷彩用デカールが付属します。
□多彩な艦載機が付属します。
・艦載機は竣工後艦載部隊とし存在した第六〇一航空隊の保有機「零戦52型」「零戦21型爆装」「彗星」「天山」の4種。
・沈没時の輸送作戦で格納庫内に積載されていた「特攻機桜花」が付属。
□艦体部分の成型部品は、外舷22号色の塗装発色を考慮しライトグリーンとしています。

【初回限定特典】2ピース構成の九六式25ミリ機銃が付属します。
・これは新設計で、砲身のガンメタルと基部の艦体色を塗り分け再現が容易にできるようにしています。
・組立も量産性を考慮。
 2枚のランナーを嵌合させてから接着位置合わせ済みの部品に流し込み接着剤を流すだけのユーザーフレンドリー設計。

特シリーズは、塗装と接着剤を用いる一般的なプラモデルです。
誰もが知っている旧日本海軍の艦船の真の姿を求めて作り上げ、現在把握されている最新情報の全てを取り入れた姿を再現しました。
最新の金型技術を駆使して、繊細な表現も可能にしました。
艦船プラモを通じて、歴史や時代背景を学ぶことができます。
世代を超えて楽しめるプラモデルです。

モニターや画像解像度の問題により、色の見え方が実際の商品と異なることが御座いますので、予めご了承下さい。商品は新品・未開封です。 発売日は未定のため、変更になる場合がございます。

Go To Top